姉妹と小鳥と私

小・中学生姉妹の自宅学習のことや、日々の雑記です。

テスト勉強

時間表を確認しても次女の理科と社会のテストがなかなかないので、次女に聞いてみたら明日理科のテストをするかもとのこと。オイオイ。範囲は?!わかんない!!(いつも通りのやりとり)二つあるから、どっちか一つをするそうです(穴だらけのいい加減な情報...とほほ...暗号を汲み取ります)。

理科のテストは初めてだから、最初から。範囲の二つのうちの一つの復習は昨日何周目かの問題集を解いてみてよくできていたので、もう一つを復習をすることに。タイトルのあたたかくなるとを温かくなると、と書いてるので指導(((;ω;)))気温は暖かいの字を使うんだけど、まだ習ってないから教科書もひらがなでしょ、で、ひらがなにするとあたたくになっていたのでやり直し(((;ω;)))読んでよ、おかしいでしょ。

次女が漢字を教えてよ!と言うので、漢和辞典を持ち出し脱線(笑)明日国語で漢和辞典の引き方を習うそうなのでよしとします。なぜか長女の時に小学生の漢和辞典を買わなかったので(うちに小学生の漢字のみの簡単な辞典があったからかな...。学校では図書室の辞典を使っての授業があったそう)、長女が最近買った中学生の漢和辞典を使います。小学生用と比べると難しいので、授業で使うことがあれば困るかもと辞書引きの練習をここ何日かしていました。末っ子に今更小学生用の辞書を買うのがもったいないので節約。漢字を引いて満足したので理科に戻りました(笑)

教科書を音読して、何周目かの問題集をコピーして解き、
珍回答で、苗に支え棒を立てると書いていましたが花壇に支え棒を立てるが正解です。苗が傷むからね(笑)よくできていたので、問題集を最初から音読。今度はしっかり花壇に棒を立てると言ってました。

私は音読を軽くみていてずっと省略していたのですが、最近はとにかくなんでも音読するように言ってます。音読すると脳がよく回転するのか理解度が違って来ます。気持ちを乗せると情景も浮かびます(次女は花壇に支え棒を立てて、苗の成長の記録する手順を想像したとのこと)。簡単なことなのに、面倒臭がって、もう読めるのに毎日音読の宿題が出てうざいねーなんて言ってた自分を蹴り飛ばしたいです(((;ω;)))低学年でこれができてたらなあ〜〜。バカな親でごめんなさい。


今朝は長女が登校して、次女が登校するまでの15分で、理科のテスト範囲の問題集を全部音読。

次は社会の復習をしておかないと。いつテストになるかわからないわっ。どうせなら準備万端で行きたいし。